杜甫

  1. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】

    杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき森澄雄(『季題別森澄雄全句集』)森澄雄の余寒を詠んだ句には「かんばせに余寒のありて雛かな」(『天日』)という森澄雄らしい(と筆者が感じる)句もあるのだが、こちらの句…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】木の根明く
  2. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年8月分】
  4. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】
  5. 【夏の季語】夏至

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第32回】筑紫磐井
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
  3. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】
  4. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌
  5. 海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規【季語=海松(春)】
PAGE TOP