松養風袋子

  1. 橡の実のつぶて颪や豊前坊 杉田久女【季語=橡の実(秋)】

    橡の実のつぶて颪や豊前坊)杉田久女コロナ禍で私の住む福岡県も緊急事態宣言下の自粛が続いている。その中で県境を越える外出はどことなく後ろめたさもあり、吟行をする所も限られてくる。そこで時折訪れているの…

おすすめ記事

  1. 火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子【季語=火事(冬)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【5月7日配信分】
  3. ライターを囲ふ手のひら水温む 斉藤志歩【季語=水温む(春)】
  4. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】
  5. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 

Pickup記事

  1. 【春の季語】引鴨
  2. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  3. 赤福の餡べつとりと山雪解 波多野爽波【季語=雪解(春)】 
  4. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】
  5. 印刷工枯野に風を増刷す 能城檀【季語=枯野(冬)】
PAGE TOP