校正

  1. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】

    鉄瓶の音こそ佳けれ雪催)潮田幸司銀化誌のリモート編集はかなりの労力を伴うものだった。新型コロナウイルス感染防止の観点から、東京の事務所に集まっての編集作業は好ましくないとの編集長判断である。その期間…

おすすめ記事

  1. ソーダ水方程式を濡らしけり 小川軽舟【季語=ソーダ水(夏)】
  2. 【冬の季語】冬
  3. 春光のステンドグラス天使舞ふ 森田峠【季語=春光(春)】
  4. 猫じゃらし全部さわって二年生 小川弘子【季語=猫じゃらし(秋)】
  5. 告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子【季語=泳ぐ(夏)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】立秋
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」鯛の塩釜焼き
  3. 【春の季語】蝶
  4. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  5. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
PAGE TOP