楠本奇蹄

  1. さくら餅たちまち人に戻りけり 渋川京子【季語=桜餅(春)】 

    さくら餅たちまち人に戻りけり)渋川京子気候はまさに三寒四温といったところですね。少し気が早いと思いつつも、今回は桜餅の句を。桜餅と言うと、しっとりとした生地で餡を包んだ関東風の長命寺、粒々の餅生地で…

  2. 雪虫のそつとくらがりそつと口笛 中嶋憲武【季語=雪虫(春)】 

    雪虫のそつとくらがりそつと口笛)中嶋憲武晩秋の雪虫(綿虫)…

  3. 忘れゆくはやさで淡雪が乾く 佐々木紺【季語=淡雪(春)】 

    忘れゆくはやさで淡雪が乾く)佐々木紺忘れる、というのは脳の…

  4. うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳【季語=椿(春)】 

    うらみつらみつらつら椿柵の向う山岸由佳ハイクノミカタの記事…

おすすめ記事

  1. 【#17】黒色の響き
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第60回】片山一行
  3. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】
  4. 【冬の季語】干蒲団(干布団)
  5. 【春の季語】蜃気楼

Pickup記事

  1. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」プレ・バスケーズ
  3. 秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広【季語=秋蝶(秋)】
  4. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第47回】 房総・鹿野山と渡辺水巴
PAGE TOP