横たわる

  1. 琅玕や一月沼の横たはり 石田波郷【季語=一月(冬)】

    琅玕や一月沼の横たはり)石田波郷) 年の初めは古いことばかり思い出す。実家から持ってきた漆器や皿、年に一度使うものを取り出し、祖母や母の年用意を、当時の台所を思い出しながら自分なりに再現しようとする…

おすすめ記事

  1. 立春の零下二十度の吐息 三品吏紀【季語=立春(春)】 
  2. 忘年会みんなで逃がす青い鳥 塩見恵介【季語=忘年会(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第99回】川島秋葉男
  4. 妹に告げきて燃える海泳ぐ 郡山淳一
  5. 朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】

Pickup記事

  1. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第8回】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第41回】 赤城山と水原秋櫻子
  3. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】
  4. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  5. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
PAGE TOP