橡の実

  1. 橡の実のつぶて颪や豊前坊 杉田久女【季語=橡の実(秋)】

    橡の実のつぶて颪や豊前坊)杉田久女コロナ禍で私の住む福岡県も緊急事態宣言下の自粛が続いている。その中で県境を越える外出はどことなく後ろめたさもあり、吟行をする所も限られてくる。そこで時折訪れているの…

おすすめ記事

  1. 夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子【季語=夏みかん(夏)】
  2. 抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき【季語=春の魚(春)】
  3. めちやくちやなどぜうの浮沈台風くる 秋元不死男【季語=台風(秋)】
  4. 【冬の季語】十一月
  5. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】

Pickup記事

  1. 【書評】『シリーズ自句自解Ⅱベスト100 大牧広』(ふらんす堂、2017年)
  2. フラミンゴ同士暑がつてはをらず 後藤比奈夫【季語=暑し(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊
  4. 【冬の季語】蓮根
  5. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】
PAGE TOP