水明り

  1. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】

    金魚すくふ腕にゆらめく水明り千原草之(ちはらそうし))喉元過ぎれば忘れるのは「熱さ」ですが、「暑さ」もまた。と、書いたのは、先週のこと。撤回します、温度がさらに上がるなんて思わなかった。今週東京は、…

おすすめ記事

  1. 義士の日や途方に暮れて人の中 日原傳【季語=義士の日(冬)】
  2. 年玉受く何も握れぬ手でありしが 髙柳克弘【季語=年玉(新年)】
  3. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  4. 【秋の季語】秋の蝶
  5. 【秋の季語】秋気

Pickup記事

  1. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  2. 白玉やバンド解散しても会ふ 黒岩徳将【季語=白玉(夏)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第28回】草津と村越化石
  4. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」鯛の塩釜焼き
PAGE TOP