流れる

  1. うららかや空より青き流れあり 阿部みどり女【季語=うららか(春)】

    うららかや空より青き流れあり阿部みどり女今週は名古屋である。午後からの打ち合わせを早々に切り上げ、取引先と一緒に飲みにいくことにしたが、時間が早くまだどこの店も閉まっていた。かろうじて駅中にある焼き…

  2. 仰向けに冬川流れ無一文 成田千空【季語=冬川(冬)】

    仰向けに冬川流れ無一文成田千空 千空の飯詰村での帰農生活は…

  3. 山頂に流星触れたのだろうか 清家由香里【季語=流星(秋)】

    山頂に流星触れたのだろうか)清家由香里 イエスかノーかで答…

  4. 鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄【季語=春休み(春)】

    鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄春休みの気分がよく出ている…

  5. 雪解川暮らしの裏を流れけり 太田土男【季語=雪解川(春)】

    雪解川暮らしの裏を流れけり太田土男住宅地の中を流れるような…

おすすめ記事

  1. 【第24回】新しい短歌をさがして/服部崇
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」プレ・バスケーズ
  3. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春)】 
  4. 【秋の季語】天高し
  5. 【春の季語】桜蘂降る

Pickup記事

  1. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第53回】 秋篠寺と稲畑汀子
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年10月分】
  4. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第4回
PAGE TOP