漕ぐ

  1. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】

    黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる宇多喜代子(『宇多喜代子俳句集成』)故郷の家のすぐそばに潮の上がってくる川があって、子どもの頃に釣りなどをしてさんざん海や川に親しんで育ってきた経験からの勝手な印象なのだ…

  2. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】

    鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし三橋鷹女(『白骨』) 〈鞦韆〉は…

  3. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】

    漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に関根誠子つい先頃まで「春は名の…

おすすめ記事

  1. 恐るべき八十粒や年の豆 相生垣瓜人【季語=年の豆(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第124回】髙坂小太郎
  3. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  4. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第88回】潮田幸司

Pickup記事

  1. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2
  3. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】
  4. 食欲の戻りてきたる子規忌かな 田中裕明【季語=子規忌(秋)】
  5. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘
PAGE TOP