牛田修嗣

  1. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】

    夏潮のコバルト裂きて快速艇牛田修嗣日曜日、オペラ座へ向かって歩いていると、道の反対から小さな娘さんを連れた堀切さんがあらわれた。セクト・ポクリット管理人の堀切さんが、旅行でニースにやってきたのだ。…

おすすめ記事

  1. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】
  2. 【冬の季語】寒の内
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#04】原付の上のサバトラ猫
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第129回】朝妻力【最終回】
  5. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】兎狩
  2. こんな本が出た【2021年5月刊行分】
  3. 夕飯よけふは昼寝をせぬままに 木村定生【季語=昼寝(夏)】
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第92回】行方克巳
PAGE TOP