玉子

  1. 【卵の俳句】

    【卵の俳句】【解説】本来、鶏の産卵期は春から夏にかけてで、冬は産卵しませんでした。1月末日ごろから七十二候の「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」となりますが、これは春の到来を感じた鶏が鳥屋に入って卵を産み始める頃という…

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」プレ・バスケーズ
  2. 【夏の季語】鮎
  3. 青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子【季語=薔薇(夏)】
  4. 【秋の季語】秋の風
  5. 数と俳句(一)/小滝肇

Pickup記事

  1. おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規【季語=花散る(春)】
  2. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】
  3. 【春の季語】魚氷に上る
  4. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】
  5. 【#17】黒色の響き
PAGE TOP