1. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】

    降る雪や玉のごとくにランプ拭く飯田蛇笏本日と明日は、共通テスト。共通テスト(少し前までは、センター試験)の日にはよく雪が降り、影響を受けた受験生がニュースになったりしている。時期的な問題をどうにかな…

  2. 両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ 三橋敏雄【季語=盛夏(夏)】

    両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ三橋敏雄たとえば、目の前に飴玉がご…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】梅
  2. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】
  3. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】
  4. 「けふの難読俳句」【第4回】「毳」
  5. 【冬の季語】蕪

Pickup記事

  1. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何
  2. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第83回】対馬康子
  4. 秋草の揺れの移れる体かな 涼野海音【季語=秋草(秋)】
  5. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
PAGE TOP