田口茉於

  1. 逢えぬなら思いぬ草紅葉にしゃがみ 池田澄子【季語=草紅葉(秋)】

    逢えぬなら思いぬ草紅葉にしゃがみ)池田澄子句集『此処』(2020.6朔出版)所収誰かの作品を読んで、わかる、と共感することはある。けれど、わかってもらえる、と思えるのは池田澄子さんの作品だけ…

  2. 秋冷やチーズに皮膚のやうなもの 小野あらた【季語=秋冷(秋)】

    秋冷やチーズに皮膚のやうなもの)小野あらた十月も後半になる…

  3. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】

    後の月瑞穂の国の夜なりけり)村上鬼城今年の後の月は10月8…

  4. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】

    運動会静かな廊下歩きをり)岡田由季絶妙な共感を呼ぶ句なのに…

  5. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】

    いちじくを食べた子供の匂ひとか)鴇田智哉ああ、わかる。と感…

  6. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】

  7. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】

  8. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】

おすすめ記事

  1. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】
  2. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  3. ネックレスかすかに金や花を仰ぐ 今井千鶴子【季語=花(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第20回】竹内宗一郎
  5. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】水洟
  2. ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】
  3. ふゆの春卵をのぞくひかりかな 夏目成美【季語=冬の春(冬)】
  4. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回
  5. 【冬の季語】冬木の芽
PAGE TOP