田螺

  1. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】

    田螺容れるほどに洗面器が古りし)加倉井秋を)小学生の頃、下校途中に用水路があって、そこがしばしば私たちの遊び場だった。その日も、誰彼となく子供達が集まって、水中のメダカやおたまじゃくし、ヤゴなどを見…

おすすめ記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【4】服部崇
  2. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  3. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】
  4. 【春の季語】二月尽
  5. 【#17】黒色の響き

Pickup記事

  1. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  2. 或るときのたつた一つの干葡萄 阿部青鞋
  3. 【秋の季語】野菊
  4. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第9回】俳句LOVEと写真と俳句
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年4月分】
PAGE TOP