白夜

  1. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】

    白夜の忠犬百骸挙げて石に近み)中村草田男 第8句集『時機(とき)』は草田男が生前に編んだ最後の句集であり、第7句集『美田』の13年後にあたる昭和55年(1980/草田男79歳)に刊行された。内容は『…

  2. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】

    夏至白夜濤たちしらむ漁港かな飯田蛇笏(『飯田蛇笏全句集』角川ソフィア文庫)…

おすすめ記事

  1. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 
  2. 【秋の季語】秋思
  3. 【冬の季語】大年
  4. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  5. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】

Pickup記事

  1. 飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀【季語=蝶・蜂(春)】
  2. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
  3. 夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】
  4. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  5. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】
PAGE TOP