百骸

  1. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】

    白夜の忠犬百骸挙げて石に近み)中村草田男 第8句集『時機(とき)』は草田男が生前に編んだ最後の句集であり、第7句集『美田』の13年後にあたる昭和55年(1980/草田男79歳)に刊行された。内容は『…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】春近し
  2. しかと押し朱肉あかあか冬日和 中村ひろ子(かりん)【季語=冬日和(冬)】
  3. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】
  4. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  5. 【冬の季語】綿虫

Pickup記事

  1. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  2. 【冬の季語】狐
  3. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫
  4. さまざまの事おもひ出す桜かな 松尾芭蕉【季語=桜(春)】
  5. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
PAGE TOP