1. 皮むけばバナナしりりと音すなり 犬星星人【季語=バナナ(夏)】

    皮むけばバナナしりりと音すなり)犬星星人(「蒼海」14号より)バナナの皮を剥くとき、「しりり」という音がした。バナナの皮をゆっくりと剥いてその音に聞き耳を立てるとは、なんと平和なひとときだろう。「し…

  2. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】

    川を見るバナナの皮は手より落ち高濱虚子初出は、1935年で…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】日永
  2. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】
  3. 【#36】ベトナムの5 dong ke(ナム・ヨン・ケー)と出会った時の話
  4. 【イベントのご案内】第4回 本の作り手と読む読書会 ~漢詩の〈型〉を旅する夜~
  5. 【冬の季語】春を待つ

Pickup記事

  1. 【冬の季語】小春
  2. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】
  3. 【春の季語】椿寿忌
  4. 曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】
  5. 【春の季語】紙風船
PAGE TOP