知る

  1. 蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男【季語=蛇(夏)】

    蛇を知らぬ天才とゐて風の中鈴木六林男(『荒天』昭和24年)蛇を2匹飼っている。どちらもコーンスネークという品種で、アオダイショウのアメリカ版といった形の蛇である。こちらはオスのタッシ…

  2. 窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希【季語=ヒヤシンス(春)】 

    窓眩し土を知らざるヒヤシンス)神野紗希コロナ禍が始まった2…

  3. ものゝふの掟はしらず蜆汁 秦夕美【季語=蜆汁(春)】

    ものゝふの掟はしらず蜆汁秦夕美(『雲 秦夕美句集』)掲句は…

  4. わが知れる阿鼻叫喚や震災忌 京極杞陽【季語=震災忌(秋)】

    わが知れる阿鼻叫喚や震災忌京極杞陽今日は、1月20日金曜日…

  5. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 

    蝦夷(えぞ)に生まれ金木犀の香を知らず)青山酔鳴(すいめい)(『雪華』20…

  6. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】

  7. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
  3. 【秋の季語】末枯る
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
  5. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】

Pickup記事

  1. 銀河系のとある酒場のヒヤシンス 橋 閒石【季語=ヒヤシンス(春)】
  2. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】
  3. 菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規【季語=菜の花(春)】
  4. こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
  5. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
PAGE TOP