礼賛

  1. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】

    赤き茸礼讃しては蹴る女八木三日女(『紅茸』)赤い茸は毒があるので触れてはいけないと教えられて育ったが、絵本に描かれる茸の多くはベニテングダケである。幼い頃読んだ「白雪姫」では、辿り着いた小人の家の屋…

おすすめ記事

  1. 腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治【季語=かき氷(夏)】
  2. 【冬の季語】寒し
  3. あかさたなはまやらわをん梅ひらく 西原天気【季語=梅(春)】
  4. 【秋の季語】秋蝶
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第69回】山岸由佳

Pickup記事

  1. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
  2. 【新年の季語】人の日
  3. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  4. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】
  5. 夏蝶の口くくくくと蜜に震ふ 堀本裕樹【季語=夏蝶(夏)】
PAGE TOP