秋山

  1. 秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子【季語=秋山(秋)】

    秋山に箸光らして人を追ふ)飯島晴子 以前紹介した「親の箸」の句もそうだが、晴子の句からは、箸が人間と自然のちょうど間にあるような印象を受ける。もわもわと量感豊かな紅葉の中で、細くくっきりと箸のうごき…

  2. 【秋の季語】秋山

    【秋の季語=三秋(8月〜10月)】秋山【解説】秋の山。あきやま。…

おすすめ記事

  1. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第1回】
  2. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】
  3. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】
  4. 土のこと水のこと聞き苗を買ふ 渡部有紀子【季語=苗を買ふ(春)】
  5. 【冬の季語】凍る

Pickup記事

  1. 人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子【季語=人の日(新年)】
  2. 【冬の季語】梅探る
  3. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  4. 台風や四肢いきいきと雨合羽 草間時彦【季語=台風(秋)】
  5. ミステリートレインが着く猿の星 飯島章友
PAGE TOP