秦夕美

  1. ものゝふの掟はしらず蜆汁 秦夕美【季語=蜆汁(春)】

    ものゝふの掟はしらず蜆汁秦夕美(『雲 秦夕美句集』)掲句は、秦夕美の最新にして遺句集となった『雲』から抜いた。「ものゝふ」というと少し異化効果が出てくるが、要は武士のことである。和歌ならば「ものゝふ…

  2. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】

    付喪神いま立ちかへる液雨かな秦夕美(『現代俳句文庫83 秦夕美句集』)…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
  2. 【秋の季語】芋虫
  3. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第81回】髙栁俊男
  5. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】枯蓮
  2. 【冬の季語】日向ぼこ
  3. 【第3回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 成田一子さん)
  4. 【冬の季語】立冬
  5. いちじくはジャムにあなたは元カレに 塩見恵介【季語=いちじく(秋)】
PAGE TOP