突抜ける

  1. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】

    うららかさどこか突抜け年の暮細見綾子十二月も中旬。もう十分に年の暮だ。だるまさんがころんだ、と言いざま振り向いた時のように年の瀬がひたひたと迫っている。そろそろ新年を迎えるための準備を始めたいところ…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】蕪
  2. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
  3. 聴診に一生の秋を聴きにけり 橋本喜夫【季語=秋(秋)】
  4. 【新年の季語】獅子舞
  5. 【新年の季語】去年今年

Pickup記事

  1. 鵙の贄太古のごとく夕来ぬ 清原枴童【季語=鵙の贄(秋)】
  2. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆
  3. 【冬の季語】大寒
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月2日配信分】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第29回】横浜と大野林火
PAGE TOP