竹下しづの女

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第65回】 福岡と竹下しづの女

    【第65回】福岡と竹下しづの女広渡敬雄(「沖」「塔の会」)福岡市は、旧国・筑紫の県北西部に位置し、玄海灘を望む県庁所在地。市の中央の那珂川を境に東の商人の町博多と、西の黒田藩五十二万石城下町…

  2. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】

    月代は月となり灯は窓となる竹下しづの女(たけした・しづのじょ))…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  2. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第5回】
  4. えりんぎはえりんぎ松茸は松茸 後藤比奈夫【季語=松茸(秋)】
  5. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】

Pickup記事

  1. 【第3回】墓参り吟行/ローゼン千津
  2. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】
  3. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  5. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
PAGE TOP