1. 初花や竹の奥より朝日かげ    川端茅舎【季語=初花(春)】

    初花や竹の奥より朝日かげ(川端茅舎かわばた・ぼうしゃみなさん、いかがおすごしでしたか。いやはや、1年3か月とは長いような短いような、いずれにしても、お久しぶりでございます。セクト・ポクリットも3年半…

  2. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】

    木枯やたけにかくれてしづまりぬ)芭蕉世界的名句も共感覚俳句…

おすすめ記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(2)/橋本喜夫さん
  2. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】
  3. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  4. 聴診に一生の秋を聴きにけり 橋本喜夫【季語=秋(秋)】
  5. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦

Pickup記事

  1. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】
  2. 【夏の季語】泉
  3. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  4. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】
  5. ビーフストロガノフと言へた爽やかに 守屋明俊【季語=爽やか(秋)】
PAGE TOP