細火

  1. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】

    寒天煮るとろとろ細火鼠の眼橋本多佳子(『橋本多佳子全句集』)角川ソフィア文庫から出た『橋本多佳子全句集』の巻末には季語別索引がついているのでありがたい。ぱらぱら索引を眺めていても「雪」の句が多いこと…

おすすめ記事

  1. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第9回】2006年 朝日杯フューチュリティステークス ドリームジャーニー
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#18
  3. 【新年の季語】注連の内
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【5】/坂口晴子(「銀漢」同人・)
  5. 【冬の季語】日向ぼっこ

Pickup記事

  1. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年3月分】
  3. たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之【季語=汐干(春)】
  4. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
  5. 紀元前二〇二年の虞美人草 水津達大【季語=虞美人草(春)】
PAGE TOP