緑夜

  1. プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷【季語=夏来る(夏)】

    プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ石田波郷以前鑑賞した「あえかなる薔薇撰りをれば春の雷」や教科書でもよく見かける「バスを待ち大路の春をうたがはず」などと同じく、この句も第一句集『鶴の眼』に所載されてい…

  2. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜

    【夏の季語=初夏(5月)】新緑/緑さす 緑夜【ミニ解説】新緑は「晩春から初夏にかけ…

おすすめ記事

  1. 鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄【季語=春休み(春)】
  2. 品川はみな鳥のような人たち 小野裕三
  3. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】
  4. 【夏の季語】白玉
  5. 【夏の季語】父の日

Pickup記事

  1. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  2. 禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ【季語=聖樹(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第8回】鈴木てる緒
  4. 湖の水かたふけて田植かな 高井几董【季語=田植(夏)】
  5. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】
PAGE TOP