繋ぐ

  1. 流氷が繋ぐ北方領土かな 大槻独舟【季語=流氷(春)】 

    流氷が繋ぐ北方領土かな大槻独(どく)舟(しゅう)(「北海道俳句年鑑2022」より) 私は、流氷大好き人間である。北海道に来て今シーズンが4回目の冬になるが、流氷は毎年見に行っている。句集上梓に向け、…

おすすめ記事

  1. 枯野から信長の弾くピアノかな 手嶋崖元【季語=枯野(冬)】
  2. 【第1回】ポルトガル――北の村祭と人々/藤原暢子
  3. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜しむ
  4. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】
  5. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻

Pickup記事

  1. 葱白く洗ひたてたるさむさ哉 芭蕉【季語=葱(冬)】
  2. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  3. 「体育+俳句」【第2回】西山ゆりこ+ダンス
  4. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
  5. 【春の季語】冴返る
PAGE TOP