1. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】

    行く雁を見てゐる肩に手を置かれ市村不先 今日は、2023年3月の最後の日である。今年の初めに「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」と時が経つのは早いことを書いたが、この連載を書き始めてまさにあっと…

  2. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】

    肩へはねて襟巻の端日に長し原石鼎先日始まったテレビドラマ「…

  3. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】

    死なさじと肩つかまるゝ氷の下寺田京子(「冬の匙」1956年 北海道ペンクラ…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】鳥曇
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月20日配信分】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年12月分】
  4. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  5. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第69回】 東吉野村と三橋敏雄
  2. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】
  3. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】
  4. 【春の季語】花
  5. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】
PAGE TOP