能登

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第15回】能登と飴山實

    【第15回】能登と飴山實広渡敬雄(「沖」「塔の会」)能登は旧国名。能登半島のほぼ全域を含み、一時越中に属したこともあるが、江戸時代は加賀前田藩百万石の領地であった。日本海側の外浦、半島の東南の内浦に分れ、金沢の方か…

おすすめ記事

  1. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  2. 【春の季語】蛇穴を出づ
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#4
  4. 印刷工枯野に風を増刷す 能城檀【季語=枯野(冬)】
  5. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】

Pickup記事

  1. 厚餡割ればシクと音して雲の峰 中村草田男【季語=雲の峰(夏)】
  2. 秋鰺の青流すほど水をかけ 長谷川秋子【季語=秋鰺 (秋)】
  3. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
  4. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何
  5. 未草ひらく跫音淡々と 飯島晴子【季語=未草(夏)】
PAGE TOP