1. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】

    夏潮のコバルト裂きて快速艇牛田修嗣日曜日、オペラ座へ向かって歩いていると、道の反対から小さな娘さんを連れた堀切さんがあらわれた。セクト・ポクリット管理人の堀切さんが、旅行でニースにやってきたのだ。…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】鳥曇
  2. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】
  3. 一つだに動かぬ干梅となりて 佛原明澄【季語=干梅(夏)】
  4. ソーダ水方程式を濡らしけり 小川軽舟【季語=ソーダ水(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第11回】小島 健

Pickup記事

  1. すうっと蝶ふうっと吐いて解く黙禱 中村晋【季語=蝶(春)】
  2. 買はでもの朝顔市も欠かされず 篠塚しげる【季語=朝顔市(夏)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月30日配信分】
  4. 鶴の来るために大空あけて待つ 後藤比奈夫【季語=鶴来る(秋)】
  5. 【春の季語】引鴨
PAGE TOP