花火

  1. 【夏の季語】花火

    【夏の季語=晩夏(7月)】花火【ミニ解説】伝統的な立場をとれば花火は初秋の季語となる。というのも、花火はもともと盆前の行事だったためだ。たとえば両国の隅田川花火大会は江戸中期に「川開き」の行事としてはじまった。「川…

  2. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(夏/秋)】

    手花火を左に移しさしまねく成瀬正俊(なるせ・まさとしまさとし))…

  3. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】

    大空に自由謳歌す大花火()浅井聖子先週の日曜日、そして今週…

  4. 飯蛸に昼の花火がぽんぽんと 大野朱香【季語=飯蛸(春)】

    飯蛸に昼の花火がぽんぽんと大野朱香いやはや、ぎっくり腰であ…

おすすめ記事

  1. ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず 有馬朗人【季語=涅槃図(春)】
  2. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】
  3. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー1】 網走と臼田亞浪
  5. 卒業歌ぴたりと止みて後は風 岩田由美【季語=卒業歌(春)】

Pickup記事

  1. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(春)】
  2. 【#22】鍛冶屋とセイウチ
  3. 【夏の季語】夏の夢
  4. 燈台に銘あり読みて春惜しむ 伊藤柏翠【季語=春惜しむ(春)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【6】服部崇
PAGE TOP