菊田一平

  1. ひそひそと四万六千日の猫 菊田一平【季語=四万六千日(夏)】

    ひそひそと四万六千日の猫菊田一平今日、七月十日は四万六千日。観世音菩薩の結縁日ということで、この日に観音様にお参りすると四万六千日分の功徳があるのだとか。四万六千日を年数に換算すると百二十六年。いく…

  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月5日配信分】

    セクト・ポクリット管理人の堀切です。アートラジオ〈浮かぶカフェ〉は、毎週金曜日夜8…

  3. 「体育+俳句」【第1回】菊田一平+野球

    体育+俳句【第1回】春隣菊田一平(「や」「晨」「蒐」同人)…

  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第4回】菊田一平

    あの夜のこと菊田一平(「唐変木」代表)現役時代、銀漢亭には三日と置かずに通…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】月涼し
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」いくらの醤油漬け
  3. 銀河系のとある酒場のヒヤシンス 橋 閒石【季語=ヒヤシンス(春)】
  4. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  5. 【秋の季語】秋蝶

Pickup記事

  1. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 
  2. 散るときのきてちる牡丹哀しまず 稲垣きくの【季語=牡丹(夏)】
  3. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】
  4. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春)】
  5. 【春の季語】永き日
PAGE TOP