落霜紅

  1. 松風や俎に置く落霜紅 森澄雄【季語=落霜紅(秋)】

    松風や俎に置く落霜紅森澄雄澄雄をちょこっと齧って、何かいま一つピンと来ていない時分、岡井省二『鑑賞秀句100句選 森澄雄』(牧羊社・1992)を読んで、途端に面白く感じ始めたことを覚えている。…

おすすめ記事

  1. 甘き花呑みて緋鯉となりしかな 坊城俊樹【季語=緋鯉(夏)】
  2. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
  4. 【句集を読む】標準と平凡のありか──小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)
  5. 【夏の季語】涼しさ

Pickup記事

  1. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第70回】唐沢静男
  3. 街坂に雁見て息をゆたかにす 福永耕二【季語=雁(秋)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【15】/上野犀行(「田」)
  5. コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る 岩垣子鹿【季語=銀杏散る(冬)】
PAGE TOP