1. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】

    煮し蕗の透きとほりたり茎の虚)小澤實煮物の蕗が透き通っている。濃い醤油を使わず、だし汁中心にあっさりと煮上げたと想像した。煮上がった蕗が透き通っているのをみると、初夏だなと実感する。そして下五「茎の…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】薔薇
  2. 卒業歌ぴたりと止みて後は風 岩田由美【季語=卒業歌(春)】
  3. 【冬の季語】冬薔薇
  4. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#12】愛媛のご当地菓子
  5. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】

Pickup記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(8)/池田澄子さん
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第44回】西村麒麟
  3. 【冬の季語】毛糸
  4. 今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】
  5. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)】
PAGE TOP