1. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】

    横ざまに高き空より菊の虻歌原蒼苔うたはら・そうたいまさとし))期待していた残暑も戻らないまま、九月も十日が過ぎようとしています。時の速さに浮足立って、朝から何にも手につかないのは、私だけかもしれませ…

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月4日配信分】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年2月分】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年10月分】
  4. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】
  5. かき冰青白赤や混ぜれば黎 堀田季何【季語=かき氷(夏)】

Pickup記事

  1. エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ【季語=桜(春)】
  2. 松過ぎの一日二日水の如 川崎展宏【季語=松過ぎ(新年)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第47回】 房総・鹿野山と渡辺水巴
  4. クローバーや後髪割る風となり 不破 博【季語=クローバー(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
PAGE TOP