蛇穴を出る

  1. 【春の季語】蛇穴を出る

    【春の季語=仲春(3月)】蛇穴を出る「冬眠」していた「蛇」が、3月~4月くらいに目覚めること。弱ってお腹をすかせている。文語的に「蛇穴を出づ」ともいう。「蛇穴に入る」という秋の季語と対応関係にある。…

  2. 【春の季語】蛇穴を出づ

    【春の季語=仲春(3月)】蛇穴を出づ「冬眠」していた「蛇」が、3月~4月く…

おすすめ記事

  1. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第27回】安里琉太
  3. 【春の季語】花粉症
  4. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(13)/関悦史さん

Pickup記事

  1. 二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉【季語=御慶(新年)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月2日配信分】
  3. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  4. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  5. 日光に底力つく桐の花 飯島晴子【季語=桐の花(夏)】
PAGE TOP