蛇穴を出る

  1. 【春の季語】蛇穴を出る

    【春の季語=仲春(3月)】蛇穴を出る「冬眠」していた「蛇」が、3月~4月くらいに目覚めること。弱ってお腹をすかせている。文語的に「蛇穴を出づ」ともいう。「蛇穴に入る」という秋の季語と対応関係にある。…

  2. 【春の季語】蛇穴を出づ

    【春の季語=仲春(3月)】蛇穴を出づ「冬眠」していた「蛇」が、3月~4月く…

おすすめ記事

  1. 海底に足跡のあるいい天気 『誹風柳多留』
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第18回】塩竈と佐藤鬼房
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第115回】今田宗男
  4. 早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり 鎌田恭輔【季語=早乙女(夏)】
  5. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第69回】山岸由佳
  2. 海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規【季語=海松(春)】
  3. 【新年の季語】七日
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年4月分】
  5. 秋鰺の青流すほど水をかけ 長谷川秋子【季語=秋鰺 (秋)】
PAGE TOP