1. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】

    蛤の吐いたやうなる港かな)正岡子規)季語は「蛤」なのか蜃気楼(昔の人は大蛤が妖気を吐いたとき現れると考えた)なのか微妙なところだが、子規自身は『寒山落木』で明治二十九年作の「蛤」に分類。いずれにして…

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  2. かき冰青白赤や混ぜれば黎 堀田季何【季語=かき氷(夏)】
  3. 【夏の季語】海の家
  4. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  5. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第129回】朝妻力【最終回】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年7月分】
  3. 春満月そは大いなる糖衣錠 金子敦【季語=春満月(春)】
  4. 【冬の季語】冬木の芽
  5. 河よりもときどき深く月浴びる 森央ミモザ【季語=月(秋)】
PAGE TOP