蜘蛛の子

  1. 【夏の季語】蜘蛛の糸

    【夏の季語=三夏(5〜7月)】蜘蛛の糸「蜘蛛」が小型動物を捕食するために仕掛ける糸のこと。「蜘蛛の囲」「蜘蛛の巣」「蜘蛛の網」などとも。桔梗の花の中よりくもの糸  高野素十を筆頭に、わり…

  2. 【夏の季語】蜘蛛

    【夏の季語=三夏(5〜7月)】蜘蛛暖かい季節の終わりは「蜘蛛」にとって恋の…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】雲雀
  2. サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセーター(夏)】
  3. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦
  5. 花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那【季語=花散る(春)】

Pickup記事

  1. 祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
  2. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】
  3. ひっくゝりつっ立てば早案山子かな 高田蝶衣【季語=案山子(秋)】
  4. 恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典【季語=菜の花(春)】
  5. メロン食ふたちまち湖を作りつつ 鈴木総史【季語=メロン(夏)】
PAGE TOP