谷口いづみ

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ

    銀漢亭・夜明け前谷口いづみ(「銀漢」同人)2003年4月も終る頃、仕事の切れ間にすこし遅い昼食をとるため、後輩と神保町の街中を歩いていた長いことシャッターが閉まっていた店の前が騒がしい。扉が開け放され中がよく見える…

おすすめ記事

  1. ビール買ふ紙幣をにぎりて人かぞへ 京極杞陽【季語=ビール(夏)】
  2. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】
  3. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第6回】2018年フェブラリーステークス・ノンコノユメ
  4. 【秋の季語】秋分
  5. 【春の季語】春菊

Pickup記事

  1. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  2. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】
  3. 【春の季語】春雪
  4. またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
  5. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
PAGE TOP