豊里友行

  1. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】

    せんそうのもうもどれない蟬の穴豊里友行窓を開けておくと当然ながら色々な音が入ってくる。車が走り過ぎたり、通学する児童だったり、烏が隣の家の屋根に降りたり。そんな物音のなかでつい先日、「ん?蝉?」とい…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】蛇穴を出る
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】
  3. 【書評】人生の成分・こころの成分――上田信治『成分表』(素粒社、2022年)
  4. 【冬の季語】枯蓮
  5. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】

Pickup記事

  1. 真っ黒な鳥が物言う文化の日 出口善子【季語=文化の日(秋)】
  2. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  3. 鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女【季語=時雨(冬)】
  4. 軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年
PAGE TOP