途方

  1. 義士の日や途方に暮れて人の中 日原傳【季語=義士の日(冬)】

    義士の日や途方に暮れて人の中)日原傳今から9年前、「狩」俳句会に入会した頃に俳句と同時にもう一つ始めたことがある。それはyoutubeに上がっている落語を片っ端から聴いていくことである。そもそも、そ…

  2. 昼顔のあれは途方に暮るる色 飯島晴子【季語=昼顔(夏)】

    昼顔のあれは途方に暮るる色 飯島晴子同じ句集(『儚々』)に…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】ソーダ水
  2. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】
  3. 【冬の季語】冬日
  4. 【書評】中西夕紀 第4句集『くれなゐ』(本阿弥書店、2020年)
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年4月分】

Pickup記事

  1. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】
  2. 【句集を読む】標準と平凡のありか──小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【10】/辻本芙紗(「銀漢」同人)
  4. 毛帽子をかなぐりすててのゝしれる     三木朱城【季語=毛帽子(冬)】
  5. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞
PAGE TOP