遠い

  1. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】

    遠き屋根に日のあたる春惜しみけり)久保田万太郎『流寓抄』晩春の日差しが、遠くに見える家々の屋根を照らしている。その光景に、過ぎゆく春をなごり惜しく感じている。俳句になじみがない人にもわかりやすいであ…

  2. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】

    つひに吾れも枯野のとほき樹となるか野見山朱鳥(『愁絶』)一…

  3. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】

    本の山くづれて遠き海に鮫小澤實(『砧』) 創作にかかわる人…

  4. 枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ 鷹羽狩行【季語=枯野(冬)】

    枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ)鷹羽狩行保育所の頃に母の故郷福…

  5. 梅ほつほつ人ごゑ遠きところより 深川正一郎【季語=梅 (春)】

    梅ほつほつ人ごゑ遠きところより深川正一郎(ふかがわしょういちろう)()()…

おすすめ記事

  1. 白魚のさかなたること略しけり 中原道夫【季語=白魚(春)】
  2. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】
  3. 【秋の季語】天高し
  4. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月18日配信分】

Pickup記事

  1. 【第5回】ワイキキや黴臭きものなにもなし/千野千佳
  2. 百代の過客しんがりに猫の子も 加藤楸邨【季語=猫の子(春)】
  3. 【書評】津川絵理子 第3句集『夜の水平線』(ふらんす堂、2020年)
  4. 鳥不意に人語を発す更衣 有馬朗人【季語=更衣(夏)】
  5. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第5回】
PAGE TOP