酉の市

  1. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】

    松葉屋の女房の円髷や酉の市久保田万太郎(『流寓抄』)三の酉のある年は、火事が多いとの言い伝えがあるが、今年の酉の市は二の酉まで。火事も感染爆発もなく新年を迎えたいものである。酉の市といえば浅…

  2. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】

    浅草をはづれはづれず酉の市松岡ひでたか今年の酉の市は、11…

おすすめ記事

  1. 【書評】菅敦 第1句集『仮寓』(書肆アルス、2020年)
  2. 【新年の季語】小豆粥
  3. 父の日やある決意してタイ結ぶ 清水凡亭【季語=父の日(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第48回】松尾清隆
  5. 【春の季語】雛飾る

Pickup記事

  1. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第4回】2010年/2011年エリザベス女王杯
  2. 【冬の季語】小春
  3. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
  4. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」カオマンガイ
PAGE TOP