重み

  1. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】

    抱く吾子も梅雨の重みといふべしや飯田龍太『百戸の谿』(1954年)には、複数の「梅雨」の句が収められているが、この句が最も有名な句だろう。飯田龍太は1920年生まれなので、第一句集刊行時は30代半ば…

おすすめ記事

  1. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】
  2. 肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  3. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
  4. 秋櫻子の足あと【第1回】谷岡健彦
  5. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  2. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】
  3. 茎石に煤をもれ来る霰かな 山本村家【季語=茎石(冬)】
  4. 【冬の季語】マスク
  5. 呼吸器と同じコンセントに聖樹 菊池洋勝【季語=聖樹(冬)】
PAGE TOP