野村泊月

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第10回】

    【第10回(最終回)】「さび」しくなって心を見つめる武将の処世と茶の湯墨染めの夕べや名残り袖の露  細川幽斎 織田信長の追善供養の為に、細川幽斎は本能寺の焼け跡に仮屋を作り、百韻連歌の興…

  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】

    【第9回】茶の旬「新」茶という言霊白き花活けて新茶の客を…

  3. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】

    蔓の先出てゐてまろし雪むぐら野村泊月(のむらはくげつ)()))…

おすすめ記事

  1. 美しきものに火種と蝶の息 宇佐美魚目【季語=蝶(春)】 
  2. 許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希【季語=毛糸(冬)】
  3. 湯の中にパスタのひらく花曇 森賀まり【季語=花曇(春)】
  4. 水中に風を起せる泉かな 小林貴子【季語=泉(夏)】
  5. 【春の季語】浜下り

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月11日スタート】
  2. 【冬の季語】暮早し
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋
  4. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】
  5. 【冬の季語】寒木
PAGE TOP