1. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】

    あつ雉子あつ人だちふ目が合うて)西野文代)我が家の裏手にはかなりの広い空き地がある。今住んでいる貸家の大家さんが、以前畑と田んぼをしていたが、もう使っておらず、いくらでも耕してくれていいと言われ、少…

おすすめ記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【4】服部崇
  2. 数と俳句(三)/小滝肇
  3. とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)】
  4. デパートの旗ひらひらと火事の雲 横山白虹【季語=火事(冬)】
  5. 【冬の季語】鯛焼

Pickup記事

  1. 麗しき春の七曜またはじまる 山口誓子【季語=春(春)】
  2. 【第22回】新しい短歌をさがして/服部崇
  3. 【秋の季語】秋分の日
  4. 【冬の季語】納豆
  5. 【新年の季語】三が日
PAGE TOP