須佐薫子

  1. きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子【季語=ハンカチ(夏)】

    きつかけはハンカチ借りしだけのこと須佐薫子(『復活』) 世の中には気の利く男性がいるものである。泣いている女性にさり気なくハンカチを差し出す男性。これは、女性の憧れである。本来、ハンカチは女性が持つ…

おすすめ記事

  1. べつたら市糀のつきし釣貰ふ 小林勇二【季語=べつたら市(秋)】
  2. おにはにはにはにはとりがゐるはるは 大畑等
  3. 【本の紹介】仏の道は句に通ず──山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)
  4. 青嵐神社があったので拝む 池田澄子【季語=青嵐(夏)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第36回】銀座と今井杏太郎

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年2月分】
  2. 【春の季語】三月
  3. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】
  4. みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな 筑紫磐井【季語=滝(夏)】
  5. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
PAGE TOP