飯田晴

  1. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】

    菊食うて夜といふなめらかな川飯田晴先週、句集の手触りの話をしたけれど、もちろんどの句集にも手触りはあります。もっと踏み込むと、読み心地ともいえるかもしれません。編年体か、作者の思い入れのある…

  2. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】

    温室の空がきれいに区切らるる飯田 晴温室と聞いてすぐに浮か…

おすすめ記事

  1. 死はいやぞ其きさらぎの二日灸 正岡子規【季語=二日灸(春)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年9月分】
  3. 天籟を猫と聞き居る夜半の冬 佐藤春夫【季語=夜半の冬(冬)】
  4. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】
  5. 【夏の季語】昼寝/午睡 三尺寝 昼寝覚

Pickup記事

  1. 秋櫻子の足あと【第5回】谷岡健彦
  2. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
  4. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#08】書きものとガムラン
PAGE TOP