馳せる

  1. 求婚の返事来る日をヨット馳す 池田幸利【季語=ヨット(夏)】

    求婚の返事来る日をヨット馳す池田幸利(『吾亦紅』)まだ恋も分からない頃の夏休みのある日、年の離れた従姉妹と昼間からテレビドラマを見ていた。大学のヨット部の青年が資産家の令嬢と恋をする話であった。令嬢…

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  2. 春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎【季語=春惜む・蝶々(春)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第69回】 東吉野村と三橋敏雄
  4. 思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端居(夏)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年2月分】

Pickup記事

  1. 虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会 飴山實【季語=初句会(新年)】
  2. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】
  3. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】
  4. ほととぎす孝君零君ききたまへ 京極杞陽【季語=時鳥(夏)】
  5. 室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子【季語=室咲(冬)】
PAGE TOP