駅蕎麦

  1. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】

    駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風大牧広(『大牧広全句集』ふらんす堂)駅蕎麦が好きだ。ことに、かき揚げと生卵ののった天玉そばをよく食べる。初めて降りる駅では、駅蕎麦屋があるかどうか必ずチェックする。駅蕎麦は…

おすすめ記事

  1. きりんの子かゞやく草を喰む五月 杉山久子【季語=五月(夏)】
  2. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  3. 【書評】中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店、2016年)
  4. 気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第70回】唐沢静男

Pickup記事

  1. 【#39】炎暑の猫たち
  2. 髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】
  3. 受賞者の一人マスクを外さざる 鶴岡加苗【季語=マスク(冬)】
  4. あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
  5. 凩の会場へ行く燕尾服  中田美子【季語=凩(冬)】
PAGE TOP